EFRコース

略してEFRイオではAEDも一緒にレクチャーしますのでEFAとなります。

身近な親しい人が突然倒れたり、交通事故などに遭った場合、あなたならどうしますか?
救急車が到着するまでの時間にいかに適切な処置を施すことができるかで、患者のその後の状況は大きく変わってきます。
大切な人を守るために、いざというときに備えて、適切な処置の仕方を身につけておきたいものです。

エマージェンシー・ファースト・レスポンスは、心停止など生命にかかわる緊急時のケア(一次ケア)と、即座に生命にかかわらないケガや病気のケア(二次ケア)について学ぶプログラムです。

知識やスキルを身につけるだけでなく、現実的なシナリオ練習を通して、日常での緊急時における実践的な対処法を学びます。

EFRは最新の医学的基盤に基づいた信頼性の高いプログラムで、世界中のさまざまな機関から承認されています。

★一次ケア

このコースは…
生命にかかわる緊急時のための緊急ケアをカバーする ものです。
知識開発(学科講習)とスキル開発(実技講習)、現実的なシナリオ練習を通して、万が一の際に「まず何をすればよいか?」を身につけ、躊躇することなく手がさしのべられるように学習します。
参加者が学ぶ主なスキルは…
●現場の評価
●バリアの使用
●一次評価
●CPR(心肺蘇生法)
●気道閉塞で意識がある/ない成人への対応
●ひどい出血の管理
●ショックの管理
●背骨の傷害の管理
●AED(自動体外式除細動器)の使用方法のオリエンテーション
●緊急時における酸素の使用方法のオリエンテーション

★二次ケア

このコースは…
即座に生命にかかわらないケガや病気、あるいは地元の救急隊(EMS)が到着するのに時間がかかるか、利用できない場合を扱う ものです。
知識開発(学科講習)とスキル開発(実技講習)、現実的なシナリオ練習を通して、二次ケアと適切なファーストエイド(応急手当)に焦点を当てて学習します。
参加者が学ぶ主なスキルは…
●ケガの評価
●病気の評価
●包帯の使用方法
●骨折や脱臼のときのための副木の使用方法

★AED

AEDとは、(Automated External Defibrillator)のことです。
AED(自動体外式除細動器)は、心臓が正常でない動き(重大な不整脈である細動)を示した時に、 患者に自動的に電気ショックを与え心拍を正常に戻す事のできる小型、持ち運び可能な医療機器 です。
日本でも2004年から緊急時には一般の人が使用できるようになりました。
このAEDにより救命率が飛躍的に向上することが世界的に認められて来ています。CPRと共に欠かせないテクニックとなっています。
講習ではトレーニング用のAEDを使用して、セットアップの仕方、操作の仕方などをインストラクターの指導の下で行います。

★講習内容

☆講習内容
●事前学習:DVDを観る、ナレッジを完成させる
●当日:ナレッジの答え合わせ、一次ケア、二次ケア、AED、テスト
☆講習料金(税込)
●コース料金17,820円 Cカード申請料料2,160円
●2年ごとに更新あり、更新のための講習料金は、12,960円申請込
☆教材(税込)
●マニュアル2,052円、DVD4,968円、バリアキット1,360円
☆当日持ち物
●EFRマニュアル、バリアキット、ログブック&トレーニングレコード

★子供のためのCFC

「一次ケア二次ケア」コースの内容を踏まえたうえで、小児と乳児特有の違いを中心にコースが展開されます。

「子供のためのケア」コースは、子供(1歳未満の乳児と8歳までの小児)に対するケアを学ぶ内容です。
大人とは違った、子供特有の対処方法を身に付けます。
日本の小児救急医療体制は、まだ十分とはいえません。
子供と接するチャンスの多い方や子を持つ両親にとってはとても価値あるコースです。
子供は単に大人を小さくしただけではありません。子供は常に発達、成長しています。
多くの組織は未発達で機能的にも未熟なため、病気や環境の変化に弱いのです。
このため大人では軽症であっても、子供は簡単に重症へと変化します。
また多くの子供は大人と違って自分の症状について言葉で表現できず、症状が多様であるため、細心の注意が必要です。
生活の中では、子供に対しての細心の注意が必要です。子供をケガから守る方法も学びます。
●現場の評価とバリアの使用、乳児に対して一人で行うCPR
●一次評価、ひどい出血の管理
●気道閉塞で意識のある小児、ショックの管理
●気道閉塞で意識のある乳児、脊髄の傷害の管理
●小児へのレスキュー呼吸、ケガの評価
●乳児へのレスキュー呼吸、包帯の使用方法
●小児に対して一人で行うCPR、病気の評価
●小児に対するAED使用、緊急時のシナリオ練習

☆講習内容&料金(税込):
CFCのみ受講(EFR受講者対象)約3時間、12,960円(税込)、申請料込
EFR(初回)と一緒に受講の場合、約8時間、27,000円(税込)、EFR&CFCの申請料込
再EFRと一緒に受講の場合、約6時間、19,440円(税込)、EFR&CFCの申請料込